エストロゲンを増やすポリフェノール

赤ワインにはポリフェノールが含まれており、血液の流れを良くする働きがあり、シミやたるみ・そばかすなど老化防止の効果も期待できます。

 

また、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンも含まれているため、むくみの改善や女性特有の病気を防ぐ効果が期待できるのです。

 

イソフラボンはエストロゲンを補ったり、女性ホルモンなどエストロゲンが必要以上に分泌されないようコントロールする働きもあります。
女性ホルモン・エストロゲンが過剰に分泌されると乳がんなどの病気を引き起こす可能性があり、イソフラボンはそれを防ぐ効果があります。

 

さらに、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用もあります。
これがあかワインを飲むと健康になるといわれる所以です。

 

動脈硬化や脳梗塞以外にも抗酸化物質を摂取することで、老化防止、心臓病、かんなどの予防に効果が期待できるのです。

 

赤ワインのほうがポリフェノールが多い

赤ワインが白ワインよりもポルフェノールが多く含まれているのは、葡萄の種類や製造方法にあります。
白ワインは主に白葡萄などの色の薄い皮を使用して発酵には果汁のみ使用します。

 

赤ワインは、黒葡萄や赤葡萄を使用して発酵には果皮や種を含む果実丸ごと使用します。
葡萄の皮や種の部分にポリフェノールは多く含まれているため、赤ワインには多く含まれているのです。

 

赤ワインはアルコールのため飲み過ぎは良くありませんが適量であれば、女性ホルモン・エストロゲンを増やすことも可能で更年期障害や美容、健康、アンチエイジングにも役立つ成分が含まれているため食生活の中で適量を取り入れることは良い選択です。