エストロゲンとイソフラボンの関係

エストロゲンは、女性ホルモンの一種であり、女性らしい美しさを司り、質の良い卵子を作り、生理周期を整えるなどの重要な作用を持つホルモンです。

 

しかしエストロゲンは加齢とともに減少し、閉経後には分泌量が激減してしまうのです。

 

エストロゲン減少に伴って出てくるのが更年期障害と呼ばれる様々な不快な症状です。

それまで体調を整えていたエストロゲンが急に分泌されにくくなってしまったせいで、異常なほてりや発汗、肌荒れや抜け毛など健康や美容に悪影響が出てきます。

 

個人差はありますが、わかってはいてもこういった症状に苦しむ女性が多くいます。
こういった更年期障害の状態を改善するために、大豆イソフラボンが役立つのです。

 

大豆イソフラボンは大豆製品に多く含まれていて、実はエストロゲンと似た化学構造を持っている物質です。
勿論豆腐や大豆そのものなどの大豆製品をたくさん摂取するのもいいですが、イソフラボンサプリメントを毎日飲むと、より簡単で効果的に更年期障害に対処することができるでしょう。